オーストラリアのワーホリ美容師が働くために必要なスキル!日本人美容師がぶつかる壁

オーストラリア生活

この記事は海外で働きたい美容師さん向けの記事です

日本で美容師をしていて海外のサロンで働いてみたいと思っている方へ。

私は27歳でオーストラリアに来て、海外の美容室で働いてみたいと思い挑戦しました。

東京のサロンで厳しいトレーニングを経てスタイリストになり、日本ならではの丁寧な技術や接客も学んだので、英語ができなくても技術である程度何とかなると思っていました。

結果、全く何とかなりませんでした笑 

オーストラリアに来て、日系サロンやローカルサロンを5店舗ほど経験し、いくつもの壁にぶつかったので今回はそれらをシェアします。

ワーホリや学生ビザで美容師として働いてみたい方はぜひ参考にしてみてください。

オーストラリアで美容師が仕事をするための英語力

なんといっても大切なスキルは英語力!これがないとお客さんとの会話も成り立ちません。

ローカルサロンでは同僚やボスとも英語で話すので、英語が分からないとヘルプもままならないです。

私自身、オーストラリアに来て初めての面接は何を聞かれているのかさっぱりわかりませんでした。

最初はトライアルとして働き始めましたが、信用がないのかはほとんどお客さんに入れてもらえずアシスタント状態。

カラー剤を混ぜるのを頼まれても薬剤が全然聞き取れず。そのうえカラーの6パー、3パーのことを英語では20vol(6%),10vol(3%)と表現するのでさらに混乱しました。

電話対応も当時は果敢にトライしましたが、やはりまったく聞き取れず散々な結果になり、電話には出なくていいと言われてしまいました

求人のウェブサイトなどを見ると、美容師の応募条件に「高いコミュニケーションスキル」と書いてあることも少なくないので、語学力(特にスピーキングとリスニング)は高ければ高いほど信用されます。

今、自分には英語力が無いからローカルサロンはまだ早いと思った方、あきらめないでください!

英語力が無くても要は伝えるスキル、相手を理解するスキルがあれば大丈夫です。

最初からローカルサロンに挑戦してみたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。

海外の美容室で働くためのブロースキル

もう一つの壁はブロースキル。

私が日本で働いていたサロンではは、お家でブローする人お客様がほとんどいないため、簡単にスタイリングできるような髪型が求められていました。

ブラシを使うのは年輩のお客様で少しツヤを出す程度。くせ毛の人は癖を生かしたスタイリングをし、直毛の人は大体アイロンで巻いていました。

海外の美容室では、美容院に来たからにはプロの美容師のブローをしてほしいという方が多く、癖が強い方は、ブローだけでツヤツヤストレートか、きれいな巻き髪のように仕上げます。

そして海外では、シャンプー&ブロードライというメニューで来店する人が日本と比べてかなり多いです。

日本の若い美容師のほとんどが、アイロンで巻くのは上手ですがブローは苦手な人が多く、アイロンだけだと根元からのきれいなボリュームやツヤが出にくく、ストレートアイロンだとボリューム感が出ません。

ブラシを使ってボリュームを出す、カールをつける、癖を伸ばすスキルがあると海外ではかなり役立ちます!

オーストラリアのローカル美容室で働くためのハイライトやブリーチスキル

ハイライトは日本でも流行っていますが海外の入れ方とはかなり違います。

日本ではどちらかというと、コントラストを出すためのハイライト、海外ではもともと茶色い髪の毛をブロンドに見せるハイライトが主流です。

ではこちらの人はなぜ全頭ブリーチにしないのかというと、根本が伸びてきてもハイライトなら目立ちにくいからです。

100枚以上のホイルを細かく入れたりするのでスピードが求められます。

細い西洋人の髪の毛では前回のハイライトが白っぽくぬけていることも多々あり、オーバーラップしすぎると切れてしまうことがあるので細心の注意も必要です。

そして普段からきれいなブロンドヘアを見慣れている彼女たちはこだわりがあり、「黄色は嫌だけどアッシュやシルバーも嫌」という人も多く、やや紫が入りすぎてしまったりするのも嫌う人もいます。

また、日本人が言う「外国人風カラー」と、本物の外国人が好むカラーはかなり違います

日本人が思う外国人カラーは、明るめのアッシュ系が多いですが、西洋人のお客様はバービーのような金髪を好む人も多く、日本人美容師さんのインスタに載っている写真とは違う場合が多々あります。

海外の美容師さんはカラーの知識が豊富なので、カラーが得意な美容師さんも有利になります!

外国人と日本人の美意識の違い

日本人のお客様でオーダーが多いのは、「ナチュラル」、「かわいい」系。

ですが、海外ではエレガント、グラマラスなどの髪型が圧倒的に多く、45度くらいのしっかり角度がついた前下がりボブ、たっぷりレイヤーの入ったロングヘア。

もしくはまったく梳かないワンレンなど。

「モテる髪型」というのをオーダーされたこともありません。

ロングのハイレイヤーなどは若い日本人の美容師さんは慣れていないことも多く、苦戦する場面やお直しの人も見てきました。私も例にもれず苦戦しています。

メンズに関してはバリカンでサイドとバックを刈り、トップにつなげる髪型かかなり高めに刈ったツーブロックスタイルが主流で、刈り上げスタイルに慣れていない美容師さんは最初は少し手こずるかもしれません。

髪を常に巻いたりする人もとても少なく、巻いてかわいく見えるカット(巻かないと決まらないカット)ではすぐお直しになってしまうので、正確なカット技術も必要です。

英語で「Bob」, 「Layered hair」など検索してみると英語圏のお客様に好まれる髪型が出てくるのでカウンセリングに役立ちます。

海外は仕事が簡単にクビになる!?

日本と同様ノルマがあるサロンもあり、サロンによっては仕事ができないと判断されると容赦なくクビになることもあるのでプレッシャーに感じる人もいるかもしれません。(基本的にはWarningという警告を先に出されるので即クビになることは稀ですが)

サロンが美容師に払う給料に対して十分な売り上げを作れないとビジネスにとってマイナスになってしまうので、そのあたりは中々シビアに考えているオーナーも多いです。

その点は、常に忙しそうなサロンで働くことができれば暇で気まずい思いをすることは少ないと思われます。

アシスタントに関しては、大体学生を雇っていますが社会人経験が少なく、ミスをしても認めない、自分は悪くないなどの態度をとって即クビになっている子を何人か見かけました。

私はミスをしたときは謝りますが、サロンによってはクビをほのめかされたことは何度かあります。

わからない英語や不慣れな技術をしてさらに売り上げのプレッシャーもあるとかなりきついですよね!

まとめ

海外のサロンは学びがたくさん!でも苦労もたくさん

海外のサロンでは技術や求められる髪型、そして美容師としての「当たり前」が日本とは違い、その上語学力もないままオーストラリアに来たので最初はいろいろな失敗や注意を受けたりしてかなり自信喪失してしまいました。

日系サロンでも日本人のお客様が少なく、アジア人の外国のお客様が多いとやはり苦戦する場面は出てきます。

ただ日系サロンはスタッフが日本人なので技術のコツを教えてもらえたり、他のスタッフも昔苦労した経験があったりするので、働くハードルはローカルサロンに比べて低くなります。

ローカルサロンの特徴: 会話や技術が難しく雇ってもらえるハードルは高い。平均的な給料が高く仕事は定時に終わることが多い。英語力はかなり伸びる。新しい技術が覚えられる。トレーニングはあまりしないサロンが多い。

日系サロンの特徴: 雇ってもらえるハードルは低め。技術や英語のアドバイスを受けられる。スタッフが日本人なのでコミュニケーションが楽。ローカルサロンに比べて給料は低め(サロンによってかなり差がある)。掃除やミーティングなどで定時に終わらない場合もあり。

いろいろ大変そうなことを書きましたが、海外のサロンで得たものがたくさんあり、そこで働かなければ知りえなかった技術やほ現地の人のニーズに合わせた接客、働き方についても参考になることがたくさんあり、かなり大きな収穫でした。

ローカルサロンで印象に残っていることはライフワークバランスがしっかりしていて、みんなホリデイをとったり家族との時間を大切にしたりしています。

営業時間が6時までの場合、みんな6時きっかりに店を出ようと最大限の努力をします!

なにより給料体制も日本よりしっかりしていて基本的にはノー残業で給料もちゃんと出るホワイトなところが多いです!サロンによってはトレーニングやミーティングの時間も時給が発生したりします。

日系サロンはなんといっても日本語で会話ができること、日本の話題が通じることが働いて心地よかったです。海外にいると日本語で話す機会が少なくなるので、職場に日本人コミュニティがあるのは楽しいです。

過去のブラック美容室の記事はこちらからどうぞ。↓

新しい経験をしたい方も、英語力を上げたいという方も、海外のサロンで少しでも働くのはとてもいい経験になります!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました