ペパーミントティーがまずいと思う人はモロッコのミントティーがおすすめ!

暮らし

6月20日はペパーミントの日。

そしてペパーミントは夏にぴったりの飲み物なんです!

これからどんどん暑くなっていく日本では夏バテ対策が必要ですね。

でも独特な風味が苦手で、ペパーミントティはまずいという人も一定数います。

そんな人にはペパーミントティーを少しアレンジしたモロッコのミントティーがおススメ。

この記事では、夏にぴったり、おしゃれなモロッコのミントティーの効能や特徴、お家で作れるレシピをを紹介します。

ペパーミントティーを買ってみたけどまずいと思った人は是非モロッコのミントティーを試してみて下さい。

ペパーミントティーがまずいと言われる理由

ペパーミントにはメントールの爽やかな清涼感がありますが、その清涼感と独特な香りが苦手な人はペパーミントティーをまずいと感じるようです。

苦みなどは無いので、メントール感と香りが和らげば飲みやすくアレンジできるお茶でもあります。

モロッコミントティーの特徴、効能

ペパーミントティーをまずいと感じた人にもおススメなのがモロッコのミントティー。

ミントはモロッコで昔から薬としても使われてきたハーブです。

ミントの効果は頭痛の緩和、清涼作用、炎症の緩和や鎮静作用によりストレスを和らげるなどの嬉しい効果がたくさん!

他にも胃腸の働きを良くし、肌荒れの改善やデトックス効果でむくみをとってくれる効果もあります。

オフィスワークでむくみがちな現代人にはぴったりの飲み物ですね!

また、砂糖をたっぷり入れて飲むのが本場のモロッコミントティーの特徴です。

体を冷やすと言われている砂糖ですが、ミントティーに入れて飲むことで清涼効果を高めてくれます。

モロッコのミントティーは中国緑茶をブレンドすることが多いですが、中国緑茶にもまたうれしい効果が!

精神を安定する効果や脳の活性化、血糖値を維持する効果がある中国緑茶とブレンドすることで相乗効果が期待できますね!

中国茶とブレンドすることと砂糖を入れることで、ミントの強い刺激は少し和らいで飲みやすくなります。

モロッコミントティーを飲み続けている人は歯がない?

一方で現地ではミントティーに砂糖をたくさん入れて飲むので歯がない人が多いと聞いたことはあります。

調べてみたところ、モロッコでは歯医者に行くお金がない人も多く、定期的なチェックや虫歯の治療にお金をかけれないのか本当のところのようです。

ミントティーは確かに砂糖たっぷりですが、水代わりに飲んだり歯磨きを怠ることがなければ飲んでも問題は無いようです。

モロッコミントティーの本格レシピ

暑い夏に是非飲みたい本格的なモロッコミントティーのレシピを紹介します。

・中国緑茶(緑茶でも代用可) 大さじ2

・フレッシュミント 一つかみ

・角砂糖3つ

・お湯300mlほど

①まずグラスにお湯を入れ、お茶を作ります。

②次にティーポットにお湯とミントを注ぎます(お湯は半分ほど)

③角砂糖とお茶をティーポットに入れ、5分程蒸らして完成。

現地の角砂糖は大きく、日本の2,3倍ほどの大きさなので角砂糖3つと書きましたが、甘さはお好みで調節してください。

甘めの方がより現地に近い味に、砂糖少なめにするとより健康的です。

フレッシュミントが手に入らない人は市販のペパーミントティーで代用できます。

まとめ

夏に飲みたいペパーミントティーですが、まずいと感じる人のために今回はモロッコのミントティーを紹介しました。

普通のペパーミントティーよりもマイルドで飲みやすく、暑い夏に元気が出るお茶です。

生のミントを添えたりすると見た目もオシャレに見えるのでお客様に振舞うのも喜ばれます。

暑い夏をおいしいミントティーで乗り切りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました